センスは表現、経験は滲み出る

センスと経験


全く初めてのことも、
長くやればある程度はできるようになる


継続は力になる
自分の自信にもなる

人への共通認識として、年月は示しやすい


○○年やっています




ただ、センスは?


センスは磨くものではあるが、
その物事に必要なセンスは、個性のひとつでもあり、持ち合わせているかいないかも関係する



センスは、表現の仕方によっても生かされ方がかわる


埋まっている、潜在的なセンスを人はいくつもっているのだろう?


自分では馴染み過ぎて気付けない特性かもしれない

誰かに重宝してもらえたり、
褒めてもらえることは、一度ゆっくり向かい合うとよいのかもしれない




経験してきたことや、繰り返していることは、

何か示そうとせずも、人相やふるまいから漏れている

スタートするときに自覚があるから、
振り返ったときに自分の糧になる




センスに頼って経験の不足を認めない


センスがないものに経験を重ねる



どっちもどっちだ…



センスを持ち合わせているものに対して、
経験を積む



これが出来たら、自分を活かして生きていけるのでは?



自覚すること



センスは表現によって磨かれ、
経験は何かしら、自然と滲み出るだろう



d0349275_15382273.jpg



[PR]
# by herbcoach | 2018-01-11 17:08 | 徒然 | Comments(0)

噛み合うのは1つ、2つで十分

人と理解し合う、
自分の意向を分かってもらうことは難しいなあ



人の反応を気にして
ナイーブになる一面を持ちつつ


なんで、人からの影響を必要以上に受け取っているのだろう?
くるくる考えている



いま時点の答えは、、


自分がどうしたいかが決まっていない



ということだった




ただ、生きているなかで
決まっている物事って案外少ない

なんてことも考える



じゃあ、人はその曖昧な不安定なときを過ごすのだろう?



覚悟というか、
よし、これで!という区切りや、
自分の中での消化の割合みたいなものがあるのかな



日々色々な方と接点をいただき、

仕事のスタイルや、
何に重きをおいているか?
個性は飛んでいて、私が刺激をいただく魅力的な方がいっぱい



みなさんそれぞれなのだ


ただ、それもほんの一面



一言でその人を語れないし、両極な部分も持ち合わせている




繊細な一方で大胆であったり



臆病な部分を超えると、妙にチャレンジングだったり



関わる人、ひとりひとりへの対応を考えあぐねていると、

すっぽり自分が抜け落ちていることに気付く



自分を知るには人を知り、

世界を見るには、目の前の日常を見る


そんなような言葉があるが、



正に、それにいま書いていて行き着いた



私がマンダラチャートに出会ってワクワクしたのは、

周りの枠を埋めていき、関係性を感じながら、
中心の集約部分が浮かび上がるような、パッとひらめくような感覚がなんとも言えないから



関わる人や、持っている役回りによって、
色々な一面の自分になるのだが、

その面々で変わる自分、変わらない自分の
土台、根っこみたいなものを知っておく



人に影響されやすい


自分の気持ちが感じ取りにくい


物事の遂行の軸が欲しい



そんなときは、
マンダラチャートに書く


みんなで共にすすめるワークショップは、
広がりと、確信を得やすい





だいぶ横道に逸れましたが、
お付き合いに感謝いたします




また人に影響されやすいと感じる方は、
人を変えようと、要らぬ労力を使ってはいないか?
人を尊重出来ているか?
相互間の距離感は?


境界線の厚みを図ることで、力が抜けるかもしれません



何か惹かれるもの、学べるものがあるからこそ出会えた、関わる目の前の方々



関わりながら、
噛み合う一面に出会いながら、



自分を生きて、活かしていきましょう




d0349275_10190866.jpg







[PR]
# by herbcoach | 2018-01-09 18:34 | マンダラチャート | Comments(0)

マンダラチャートで年間計画

今年初のカモミールケアのワークショップは、
マンダラ思考のワークブックを使った、
年間先行計画をしました



d0349275_09200236.jpg


新春!ということで、
ハーブストーリーさんの美味しいケーキと、マルベリーのお茶を飲みながら開催しました


d0349275_09211812.jpg

ビクトリアンケーキとオレンジケーキ



d0349275_09214849.jpg

ザッハトルテとチーズケーキ



選ぶだけで一苦労^^;
美味しいは嬉しい!


私もいつか自分で作ったものを提供しながら、ブレンドしたハーブティーをお出ししてワークを開催したいな!と思っています



ワークは、
みなさんそれぞれの考えや通例、ひらめきを共有させていただける貴重な時間


記念日の捉え方
定期的の解釈の違い
が見えて、それぞれに活性化します


また、計画を口にすると、
違和感や、これが一番かな?と思いを整理することが出来ます



ワークで出て来た計画を

スケジュール帳に書く
家族や職場で共有する


すると、よりその方向へ進みやすくなります


やってみて、何だか違うな?
もっとやりたい事がある!?

と気づいたら、修正すれば大丈夫



高い目標、
遂行する計画、

これを縛っているのは自分


まずは、先の軸を定めて、
進みながら、工夫したり、手放したり、、


自分発信の計画を持つことが、
1年が進みやすくなるコツ



マンダラ思考のあるべき姿


過去の延長のいま、ではなく
未来を描き、いまをどう過ごすか?



この2018年が、
描いた未来を築く歩みになりますように



日常の積み重ね
振り返ること、書く、話すことで生きるパワーになります



[PR]
# by herbcoach | 2018-01-08 09:18 | マンダラチャート | Comments(0)

力の抜き所を人に聞いてみる

メールのやり取りひとつとっても
みんなやり方、抑えどころが違う


うわさ話が好きな人もいれば
そうでない人もいる



性格が違う、
と言えばそれに尽きるが



相手を分かりたい、
分かる必要がある


また、自分自身の人との関わり方をあらためたいとき



自分の視野が狭まっていないか?



確認する意味でも
人に聞いてみる




愚痴にしないコツは


感情と実際のやり取りとを分けて言ってみる




すると、
人はそれぞれ抜いている箇所が違う




メールはサラッと読む人
何度も繰り返し読む人



言われた事実をそのまま受け取る人
考えて発展して物事の先を捉える人

整理してみると、
どっちがいいとは言えない



時と場合によるし、
相手との関係性や
どこに向かっているのか?



相手に合わせて
やりとりを繰り返していると消耗する



自分が全て絡むのだから、
自分の抑え所と、抜き所を持つ


これが大事かな



後は人に聞く


みなそれぞれ自分の思い込みを通して物事を見ているが、

目の前の事実は同じ

朝が来て夜がふける



どうみるかは自分次第


だったら、自分がその事実をどう見ているか?知っておくこと、一致している部分が多い方が、自分を生きやすくはないだろうか?



d0349275_09162413.jpg











[PR]
# by herbcoach | 2018-01-05 18:17 | マンダラチャート | Comments(0)

ついついキツく言ってしまう

実家滞在が長くなると

自分の態度と口調の悪さに嫌気が指す


ひとりで居れば、自分に対してイライラした口調、こころのつぶやきをぶつけているのだろうが、
家族と居ると、間髪いれずにキツい口調をぶつけてしまう


この年末年始は
そこを分析しながら過ごしていた



今のところ出た答えは、



口よりも身体を動かすこと

気付いたらすぐに謝る

ひとりで落ち着く時間を持つ



思えば子供の頃から内省ばかりしていて、
毎日おふろ場で、1日の反省を頭の中でしていた

あいつが悪い、こいつが悪いというのは苦手なので、自分のせいにして片付けることが多かった


それが悲劇のヒロインへの道になるが、


この10年くらいは、自分の心を自分で整える、
さらには、身体からのアプローチ、人が居ると自分と向き合いやすい



そんなことばかりやっていた




おかげさまで、温かく学び多いご縁と
チャレンジの場を頂いた



植物療法との出会いはとても大きい

ハーブ、アロマ、バッチで毎日ケアしている


あるものを活かしながら、バランスしていく

自然は先生


これは感情とかけ離れた次元だからか、
いつどんなときも受け入れやすい




手のひらサイズの幸せ

すでにあのものを大切に、その存在を愛おしむ



ついついキツく当たってしまう前に

意識する
心をそのまま観る


焦らずコツコツと


d0349275_09513936.jpg




[PR]
# by herbcoach | 2018-01-03 09:18 | 徒然 | Comments(0)